ホーム > Uncategorized > オフショア開発が上手くいかない理由

オフショア開発が上手くいかない理由


私の経験では、オフショア開発の失敗理由について考えるとき、次のようにポイントがいくつかある。

  • オフショア開発は本当に必要なのか、ブリッジSEは本当に必要なのか
  • 作業全体の中で、コミュニケーションの量がどのくらいか、それを行うための言語は日本語なのか、英語なのか、現地の言葉なのか
  • 作業のメソドロジーは、一直線で進めるタイプなのか、それともサイクリングしながら進めるタイプなのか。
  • 作業のメソドロジーに対する理解と習慣がチームに浸透しているか。感情的な障壁は取り除いたか。
  • 作業のメソドロジーによるコミュニケーションコストは妥当か
  • 作業のやり直し、プロジェクトの失敗のリカバリーにかかるコミュニケーションコストのリスクは見積もったか
  • 現地の(異文化)人または日本人に、労働環境や個人能力を無視した働きを強要していないか 
  • 現地人と日本人はお互いの労働観、家族観、価値観、宗教観、金銭感等々を理解しているか。お互い非難していないか。
  • 人材育成や自己啓発はしているか

標準テキスト オフショアプロジェクトマネジメント 【PM編】(幸地 司著)などを読んでみるといいかも知れない。

カテゴリー:Uncategorized
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。